【エクササイズ紹介】トゥ・アップ・アンド・ダウン

トゥ・アップ・アンド・ダウン動作横①

こんにちは!

神奈川県横浜市、横須賀市を中心にランニング・トレーニング指導を行っている月野雄一(@tsukinorun)です。

この記事では【トゥ・アップ・アンド・ダウン】というエクササイズをご紹介します。

難易度 [jinstar1.0 color=”#ffc32c” size=”16px”](初心者向け)

 

[box04 title=”このエクササイズの効果”]
  • 足関節の可動域拡大。[/box04]

エクササイズ動作

開始姿勢

横向き 正面
トゥ・アップ・アンド・ダウン開始姿勢 トゥ・アップ・アンド・ダウン開始姿勢前
  1. 片脚立ちになる。
  2. 支持脚と逆の脚は、膝を伸ばして状態で少し持ち上げる。

動作

横向き 正面
トゥ・アップ・アンド・ダウン動作横①

トゥ・アップ・アンド・ダウン動作横②

トゥ・アップ・アンド・ダウン動作前①

トゥ・アップ・アンド・ダウン動作前②

  1. つま先を上下に動かす。
  • 足関節(足首)中心の動きを意識する。
  • 出来るだけ大きい範囲で動かす。

よくあるエラー

トゥ・アップ・アンド・ダウンエラー①

トゥ・アップ・アンド・ダウンエラー

  • 足関節(足首)ではなく、脚全体が動いてしまう。

動画で確認する

[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”https://www.youtube.com/user/tsukinorun” target=”_self”]コチラからチャンネル登録をお願い致します![/jin-button-flat]

まとめ

最後に目的と効果の再確認です。

[box04 title=”このエクササイズの効果”]
  • 足関節の可動域拡大。[/box04]

手軽にできるエクササイズです。
ウォーミングアップでや日々のコンディショニングで行うと、柔軟性の向上はもちろん姿勢作りにも役に立ちます。

エクササイズの効果をしっかり得るためにも、目的と動作のポイントを押さえて丁寧に取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です