【エクササイズ紹介】スパイン・レッグカール(スライドボード)

スパイン・レッグカール(スライドボード)動作

こんにちは!

神奈川県横浜市、横須賀市を中心にランニング・トレーニング指導を行っている月野雄一(@tsukinorun)です。

この記事では【スパイン・レッグカール(スライドボード)】というエクササイズをご紹介します。

難易度 [jinstar2.0 color=”#ffc32c” size=”16px”](初心者〜中級者向け)

今回のエクササイズでは、専用の道具を使用します。
フローリングなど、よく滑る場所で行う場合は、雑巾等でも代用可能です。

 

[box04 title=”このエクササイズの効果”]
  • 膝関節を曲げる能力の向上。
  • 姿勢維持能力の向上。[/box04]

エクササイズ動作

開始姿勢

スパイン・レッグカール(スライドボード)開始姿勢

  1. スライドボードを踵の下に敷いて、仰向けになる。
  2. 肩と踵で床を押しながら、お尻と背中を持ち上げる。

動作

スパイン・レッグカール(スライドボード)動作

  1. 膝から上の姿勢をキープしたまま、踵をお尻に引きつける。
  2. 膝の角度が90度くらいになるまで引きつけたら、開始姿勢に戻る。
  • 臀部(お尻)は常に収縮させておく。
  • 腰が反り過ぎない様に注意する。

よくあるエラー

スパイン・レッグカール(スライドボード)エラー

  • 臀部(お尻)が下がる。

動画で確認する

[jin-button-flat visual=”” hover=”down” radius=”50px” color=”#54dcef” url=”https://www.youtube.com/user/tsukinorun” target=”_self”]コチラからチャンネル登録をお願い致します![/jin-button-flat]

まとめ

最後に目的と効果の再確認です。

[box04 title=”このエクササイズの効果”]
  • 膝関節を曲げる能力の向上。
  • 姿勢維持能力の向上。[/box04]

刺激の入る部位(ハムストリグス=太腿の裏側)が意識しやすいエクササイズです。

はじめのうちは、攣りそうになる事も多いので無理をせずに行って下さい。

エクササイズの効果をしっかり得るためにも、目的と動作のポイントを押さえて丁寧に取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です