エクササイズ

【エクササイズ紹介】ボディ・ソウ(スライドボード)

ボディ・ソウ(スライドボード)中間姿勢

こんにちは!

神奈川県横浜市、横須賀市を中心にランニング・トレーニング指導を行っている月野雄一(@tsukinorun)です。

この記事では【ボディ・ソウ(スライドボード)】というエクササイズをご紹介します。

難易度 (中級者向け)

今回のエクササイズでは、専用の道具を使用します。
フローリングなど、よく滑る場所で行う場合は、雑巾等でも代用可能です。

 

このエクササイズの効果
  • 腹部が伸ばされるのに抵抗する能力・安定性の向上
  • 肩周りの安定性向上

エクササイズ動作

開始姿勢

開始姿勢
ボディ・ソウ(スライドボード)開始姿勢 ボディ・ソウ(スライドボード)足下
  1. 足の下にスライドボードを敷き、床にうつ伏せになる。
  2. 肩の真下に肘を着く。
  3. 肘でしっかりと床を押し、体を持ち上げる。
  4. 脚は腰幅に開く。
  5. 顔はニュートラルな位置。
  6. 頭から足首までが一直線になる様にする。

動作

中間姿勢 終了姿勢
ボディ・ソウ(スライドボード)中間姿勢 ボディ・ソウ(スライドボード)終了姿勢
  1. 肘から先(前腕部)で体を支えながら、体を後ろにスライドさせていく。
  2. スライドできる限界まできたら、元に戻る。
  • 臀部(お尻)とお腹を締める。
  • 肘でしっかりと床を押す。
  • 頭の位置は、ニュートラルな位置をキープする(顎を上げたり引いたりしない)。
  • 動作中、頭から足首までは開始姿勢と同様に真っ直ぐな姿勢をキープする。

よくあるエラー

ボディ・ソウ(スライドボード)エラー① ボディ・ソウ(スライドボード)エラー②
  • 腰が落ちる(反る)。
  • 出っ尻になる。

動画で確認する

まとめ

最後に目的と効果の再確認です。

このエクササイズの効果
  • 腹部が伸ばされるのに抵抗する能力・安定性の向上
  • 肩周りの安定性向上

多くのスポーツに必要な姿勢を維持する能力を高めることのできるエクササイズです。

やや強度が高いので、初めは無理のない範囲から初めていき徐々に理想の動作に近ずけていきましょう。

エクササイズの効果をしっかり得るためにも、目的と動作のポイントを押さえて丁寧に取り組みましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
月野 雄一
フリーランスの走れるS&C(ストレングス&コンディショニング)コーチです。 800m:1'50"43